介護とか経済とか(雑記版)

意識が低い介護士が介護現場や介護に関する意見を書いていくブログです。

認知症のことを知っていても、認知症の方に必ずしも優しく接することはできない

f:id:posesshion111:20190408151558p:plain

いらすとや

 

 

はじめに

 

はぁ…今日もイラついた態度で対応しちゃった…

 

介護を経験したことがある方なら一度はこんな反省したことあるのではないでしょうか。

 

私も常に反省しっぱなしです。笑

 

とくに認知症の方に対応するときです。たとえば、日中帯は穏やかに過ごしていたのにもかかわらず、夕方になったとたんに「家に帰りたい」と帰宅願望を訴え、しかも阻止しようとすると暴力をふるってくる場合です。

 

「私は家に帰りたいんだ~!」「〇〇さん、今日はもう夜遅いので明日にしませんか」「うるさい!このバカ!!(ついでにはたいてくる)」「〇〇さん!!(イラつきがら)」みたいな感じです。笑

 

このような対応を職員がすると、たまに「お前は認知症のことをよく理解していないからそういう対応をするんだ」と非難されます。

 

たしかに私自身、そこまで真剣に認知症の勉強をしたことがないのは事実です。しかし、認知症のことを知っているからといってそれが「優しい対応」につながるかどうかはわからないのではないかと思うのです。

 

というわけで今回は、認知症のことを知っていても、認知症の方に必ずしも優しく接することはできない理由を説明します。

 

たとえ認知症のことを知っていても、認知症の方に必ずしも優しく接することができない理由

 

職員のイラつきの多くは業務多忙のせい

 

第一に、介護職員が認知症の方に優しく対応できないのは業務が多忙なせいであることが多いからです。たとえば、先述のように帰宅願望をもつ利用者に対応しながら、他の利用者の排泄に対応したりしなければならないわけです。

 

これらの対応って考えればわかりますけど、体が最低でも2つないとできなんですよ。

 

「いや、他の職員がいるだろ」と反論するかたもいらっしゃるかもしれませんけど、その職員がいない場合が往々にしてあるんですよ。介護施設などでは。

 

こんな緊迫した状況下で認知症の方に優しく対応できるでしょうか?

 

物理的な攻撃に優しく対応はできない

 

第二に、物理的な攻撃に優しく対応することができないからです。

 

たとえば、職員はしばしば認知症の方に腕を全力ではたかれたり、爪を立てられて皮膚を傷つけられたりします。

 

そんな身体に危機が迫った状況で優しく接しろといえますか?

 

自分の大切な人が何も悪いことをしていないのに隣の人に突如殴られている様子を思い浮かべてみてください。あなたは憤りを感じませんか。その殴ったやつに。

 

おわりに

 

今回は認知症のことを知っていても、認知症の方に必ずしも優しく接することができない理由を説明しました。

 

その理由とは、

 

・職員のイラつきの多くは業務多忙のせい

・物理的な攻撃に「優しく」対応はできない

 

といったものでした。

 

たしかに介護業界の人材は玉石混交なので、まったく介護の勉強をしない方もいらっしゃいます。しかし、多くの職員は真摯に利用者に向き合い日々業務をこなしているのです。へとへとになりながらも。

 

そのような状況で認知症の方に優しく接しろとは、私は言えませんね。

 

あなたはどうですか。それでも優しく対応しろと言いますか、それとも…?

 

今回はこのあたりで終わりにします。それでは。

 

 

 

 

 

 

おススメの本 

認知症のことがわかりやすく説明されています。専門的には勉強しなくていいけど、ちょっと詳しくなりたいという方におススメです。

上司の精神論は部下のやる気をなくすよ、という話

いらすとや

 

ICタグでスマートな介護記録!【Care-wing 介護の翼】

はじめに

 

こんにちは。nombre imaginaireです。

 

皆さんの職場にも「精神論大好き上司」がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

私が働いている職場にも、もちろんいます。笑

 

つい最近も会議でとある問題が議題にあがったとき、上司が「みんなのやる気があれば解決する」と自信満々に説いていたのを拝聴しました。

 

そんな上司の精神論を拝聴していると、「はぁ。またか…」とやる気が萎えてしまいますよね

 

というわけで今回は上司が部下に精神論を唱えると部下のやる気が富士急のFUJIYAMA波に急降下する理由を紹介します。

 

精神論がやる気を奪う理由

 

問題が結局解決しない

 

まず第一に、問題が結局解決しないからです。

 

たとえば、職員の人員が不足しているため業務に支障がでているにもかかわらず、「大丈夫。みんなが他人を思いやる気持ちをもって仕事をすれば乗り越えられるさ」といっちゃうことです。

 

これって「業務に支障がでている」という問題を全く解決していないんですよね。

 

人員不足が原因なのにもかかわらず、その対策(職員を増員するなど)をせずに職員の「がんばり」で解決しようとしているんですから。

 

このような現場の負担を増加させる精神論って、現場で働いている職員からすると「はぁ…何言ってもダメだなこいつ」って思うようになりませんか?

 

相手のことをまったく考えていない

 

第二に、相手のことをまったく考えていないからです。

 

部下は上司に問題解決のアドバイスを期待しているわけです。

 

それにもかかわらず、上司が「やる気でなんとかしろ~!ばかちんが!」とののしったら部下はどんな気分になるでしょうか?

 

もちろん「なんだよ…やる気で解決できないからアドバイス求めているんじゃねえかよ…」とイラつきをおぼえますよね。

 

こういった心無いののしりをうけたら、部下はやる気なくしますよね、ふつう。

 

こういった理由から部下の精神論は部下のやる気を奪ってしまうのです。もちろん他の要因もあるでしょうけど。

 

おわりに

 

今回は上司が部下に精神論を唱えると部下のやる気が急降下する理由を2つ紹介しました。

 

その理由とは、

 

・問題が結局解決しない

・相手のことをまったく考えていない

 

というものでした。

 

こういった精神論を語る上司が一日もはやく撲滅すればいいのですけどね。おそらく、ほとんど無理でしょうね。期待はしません。

 

なんで、別の記事で精神論大好き上司への対策を紹介したいと思います。こうご期待。笑

 

それでは。

 

ICタグでスマートな介護記録!【Care-wing 介護の翼】

 

介護といったらこの本ですよね。

介護士は「意識高杉くん」でなければならないのか

f:id:posesshion111:20190420184418p:plain

いらすとや

はじめに

 

以前とある介護関連情報サイトのコメント欄を閲覧していたとき、意識が低い介護士を罵倒する「意識高杉くん」系介護士をみかけました。

 

内容はうろおぼえですが、以下のような感じだったと記憶しています。

 

意識低い系介護士「私は別に高齢者のこと好きではありませんし、介護職であることに誇りなどありません。でも、給料もらえるんで介護やってます。こんな気持ちで介護やっていいのでしょうか」

 

意識高杉くん系介護士「いますぐ介護士を辞めてください。あなたのような方が介護をやっていると介護士のイメージが悪くなります…(以下はさらにきつい表現なので省略)」

 

私もどちらかというと意識低い系介護士なので、この意識低すぎ系介護士のコメントはなんとなくですが同感できるんですよね。

 

他方で、意識高杉くん系介護士のコメントにはある疑問が浮かびました。それは「介護士は『意識高杉くん』でなければならないのか」です。

 

私は「んなことぁないだろう」と思うんです。というわけで以下でその理由を説明します。

 

別に意識高杉くんでなくてもよい理由

 

意識と仕事のでき具合いの間に因果関係あんの?
 

まず第一に、意識と仕事のでき具合に因果関係があるようには思えないからです。

 

これはn=1の個人的な経験なので普遍性は保証できませんけど、私が働いている職場では「意識高い」介護士っておおよそ仕事が遅いし、できてないんですよね

 

なんで「意識と仕事のでき具合に因果ってないんじゃね?」と思ってしまうわけです。ひょっとすると相関関係はあるかもしれませんけどね。

 
職業選択の自由が保障されているんですけど
 

第二に、職業選択の自由が保障されているからです。

 

私は憲法をそんなに真剣に勉強したことないので的外れな見解を述べるかもしれませんが、国民って職業選択の自由が保障されていますよね。

 

んでそれに則って介護士を職業として選択したのに、それを真っ向から否定するのは、権利を侵害しちゃってるのでは?、と思ってしまうのですよね。

 
むしろ意識低い系のほうが仕事早いのでは?
 

最後に、実は意識低い系介護士の方が、意識高杉くん系介護士に比べて、仕事早いんじゃないだろうかと思うからです。

 

意識低い系介護士の多くは「早く帰りてえ…」と心の中でつぶやくのではないでしょうか。逆に言えば、仕事を早く終わらせる工夫をしはじめるわけです。とにかく残業なんかせず早く帰りたいんで。笑

 

他方で、意識高杉くん系介護士は「介護好き!お年寄り好き!介護している私が好き!」というわけのわからない意気込みなので、「家に帰らずとも、私は介護に命をかけるの!」と思ってしまうわけです。

 

なので、仕事を終わらせようという気概が生まれないわけです。

 

再度私の事業所の話になってしまい恐縮ですが、やはり意識高杉くん系介護士はいつまでも仕事をやって帰ろうとしません。

 

おわりに

 

今回は「介護士は『意識高杉くん』でなければならないのか」という問いに対して「んなことぁないだろう」と思う理由を説明しました。

 

その理由は、

 

・意識と仕事のでき具合いの間に因果関係あんの?

・職選択の自由が保障されているんですけど

・むしろ意識低い系のほうが仕事早いのでは?

 

といったものでした。

 

ひょっとするとこんな「意識高杉くん」系介護士介護士増加のボトルネックの一因になっているのかもしれませんね。笑

 

今回はこんな感じで終わりにします。

 

もしよろしければ、ご参考になさってください。

 

おススメの本

 

介護といったらこれですよね。

介護職同士の「コミュニケーション」はたしかに大事だ。しかし、それは「おしゃべりをする」ことではない、という話

f:id:posesshion111:20190407151603p:plain

いらすとや

 

はじめに

 

おはようございます。nombre imaginaireです。

 

「介護職はコミュニケーションが大事だ!」などとよく喧伝されています。

 

たしかに介護職は、交代をしながらも、利用者に24時間対応しなければならないので、情報の伝達という意味でのコミュニケーションは非常に重要です。

 

しかし実際のところ、現場で行われている「コミュニケーション」は「おしゃべり」に堕していることも多々あります。単に上司の愚痴を言うだけで、仕事の話はほとんどしないみたいな。

 

というわけで今回はなぜ介護現場でのコミュニケーションが「おしゃべり」に堕してしまうことがあるのかを考えてみたいと思います。

 

介護現場で「コミュニケーション=おしゃべり」となってしまうのはなぜか?

 

ストレスが溜まりすぎている

 

まず考えられるのが、介護職員のストレスが蓄積されすぎて「おしゃべり」をせずにはいられないといったものです。

 

皆さんご存知の通り、介護職をはじめ一般的にサービス業といわれる業種はストレスが溜まりやすいです。変なやつにもお客様として対応しなければならない場面があるわけですから。

 

んなわけで、情報の伝達よりもまずは愚痴を言ってストレス発散しようと考えてしまうのかもしれませんね。

 

「コミュニケーション=おしゃべり」だと勘違いをしている

 

次に考えられるのが、「コミュニケーションっておしゃべりのことでしょ」という勘違いです。

 

私はコミュニケーションの専門家ではないので正確かどうかは保証できませんけど、コミュニケーションの主目的って意思を伝達することなのではないかなあと思うわけです。つまり、「おしゃべり」はあくまで意思を伝達するための一手段なのであって、それが目的というわけではないないと思うのです。

 

まあただ、日ごろから「おしゃべり」するような関係を構築していないと、正確に意思伝達することが困難かもしれないですけどね。

 

コミュ障?

 

そして最後に、実は「おしゃべり」をしてしまうのは「コミュ症」だからではないか、と言う憶測です。

 

「いや、コミュ症ならおしゃべりできないだろ。アホか」と思われるかもしれません。

 

しかし、よくお考えください。先ほど書いたコミュニケーションの定義に沿えば、単なる「おしゃべり」は意思の伝達というよりも単なる吐露になってしまっているではないですか!

 

ということはコミュニケーションが正確にとれているとは言えないのではないでしょうか。つまり、コミュニケーションに何らかの難をかかえている「コミュ症」と換言できそうです、

 

おわりに

 

今回は介護現場では「コミュニケーション」が「おしゃべり」に堕落してしまっている要因を考えました。

 

要因を、

 

ストレスが溜まりすぎている

「コミュニケーション=おしゃべり」だと勘違いをしている

コミュ障?

 

の3つで説明しました。

 

別の記事でどうやったら本当の意味でのコミュニケーションを介護現場でとれるようになるのかを考えたいと思います。

 

今回はこんな感じです。

 

もしよろしければ、ご参考になさってください。</p

 

 

 

 

 

 

おススメの本

介護といったこのマンガですよね!

相談を受けたとき「でもさ~」といわない方がよいですよ、という話

f:id:posesshion111:20190408151558p:plain

いらすとや

 

 

はじめに

 

こんにちは。nombre imaginaireです。

 

皆さんが働いている職場に「こいつには相談したくないなあ」という同僚っていませんか?

 

私にはそんな風に思う同僚がいます。

 

なぜその同僚に相談したくないと思ったかというと、私が介護現場で働き始めて間もないころ暴言を吐く利用者への対応に困りその同僚に相談したところ、

 

でもさ~、それって仕方がないことだからさ。そんな暴言を吐かれても我慢すればいいんじゃない?私も言われているし」。

 

とあしらわれてしまったためです。このとき私はものすごく不快に感じました。

 

この経験から、私は相談を他人から相談を受ける際に「でもさ~」と相手の話をへし折るような対応をすべきではないと思うようになりました。

 

というわけで今回は相談を受けたら「でもさ~」といわない方がよい理由を3つ紹介します。

 

 

「でもさ~」といわない方がよい3つの理由

不快な感情を与える

まず第一に、不快な感情を与えるためです。

 

先ほども書いたように私が同僚に相談をして「でもさ~」と返答されたとき、私が抱いた感情は「不快だわ~」というものでした。

 

その不快さはまるでじめじめした部屋でずっと耐え続けなければならないようなあの不快感のようでした。

 

このように、相談をしたのに反論してしまうと相手に不快な感情を与えかねません。

 

相談されなくなる

第二に、相談をされなくなるためです。

 

相談への回答に相手が不快感をおぼえてしまうと、それ以降相談しようとは思えなくなります。

 

たとえば、上司に何かしらの作業ミスを報告して「なにやってんだお前は!」と激怒されたら、次ミスをしてしまったとき相談しにくくなりますよね。

 

むしろ、「どうしてミスをしてまったのだろう。一緒に考えてみよう」と解決策を一緒に模索してもらえる方が次回も心置きなくミスを報告できるのではないでしょうか(もちろんミスは減らすよう工夫は必要でしょうけど)。

 

孤立する

そして最後に、孤立してしまうためです。

 

それもそのはず相談しようとしたのに受け止めてくれないしまして否定的なことをいわれるんですから、誰も相談しようとはしなくなりますよね。

 

軽い会話を交わしてくれる同僚はいるかもしれませんが、多くの同僚は深い会話をするのを避けようとするでしょう。

 

なので、孤立してしまうというわけです。

 

おわりに

 

今回は相談を受けたとき「でもさ~」といわない方が良い理由を3つ紹介しました。

 

その3つとは、

  • 不快な感情を与える
  • 相談をされなくなる
  • 孤立する

といったものでした。

 

忙しいとつい相手のことを考えられなくなるときがあるので、日ごろから注意をして相手の相談になりたいものですね。

 

今回はこのへんで終わりにします。

 

もしよろしければご参考になさってください。それでは。

 

 

 

 

 

おススメの本

介護といえばこのまんがでしょう。

新入職員がいる前でため息をつくのを辞めるべき理由

f:id:posesshion111:20190408151558p:plain

いらすとや

 

ICタグでスマートな介護記録!【Care-wing 介護の翼】

はじめに

 

 この記事では、新入職員がいる前で先輩職員がため息をつくのを辞めるべき理由を説明します。

 

 これは去年私が新入職員として現在の介護現場で働きはじめてから実際にやられたことで最終的には仕事を辞めたくなってしまったことが背景にあります。

 

 なので、実際に介護現場で働き始めている方、もしくは現在、後輩の指導をしている先輩職員の方にぜひとも読んでいただきたいです。

 

 この記事をお読みいただくことで、新入職員の方はあらかじめ対策がたてられるかもしれません。また、指導係の先輩職員には「こういったことに気をつければいいのか」と知っていただけると思います。

 

 以下では、私の体験談をもとにして新入職員の前でため息をつくのを辞めるべき理由を3つ提示します。

 

 結論からいうとその3つとは、

 

  • いやな気分になる
  • 質問がしにくくなる
  • 辞めたくなる

 

となります。

 

ため息をやめるべき3つの理由

 

いやな気分になる

 

 私は今の職場で働くまで全くといっていいほどの介護初心者でした。初任者研修は受講していましたが、それでも受講内容はほとんど忘れてしまっていました。

 

 なので、シーツ交換といった初歩の初歩から先輩に指導してもらう必要があったのです。

 

 私は手先が器用ではないので、シーツ交換も最初の頃はてまどっていました。そんなとき私のぎこちないシーツ交換をみながら先輩職員が「ふぅ~」とため息をついたのです。

 

 もちろん、その先輩職員は疲労が蓄積して思わずため息をついてしまったのかもしれませんが、私からしてみれば自分の作業がぎこちないためにイライラしてしまったのかなあと思ってしまうわけです。

 

 その後、私は「なんかごめんなさい…」とちょっとしたネガティブな気分になってしまいました。

 

質問がしにくくなる

 

 そのため息のあと、私はため息をついた先輩職員のみならず、他の先輩職員に自分がわからない業務に関する質問をしにくくなりました。

 

 ちょっとした被害妄想に陥っていたのかもしれません。しかし、まったく新しい環境で新しいことをするというのは精神をナイーブにさせてしまうのです。

 

 質問がしにくくなった私はその後、ミスをするようになってしまいました。

 

辞めたくなる

 

 先述のように、自分が分からない業務に関する質問がしにくくなったため、ミスが起きるようになりました。

 

 精神的にネガティブになっていた私は先輩職員に質問をしたらため息をつかれてしまうのではないかという不安と、ミスをしてしまっている申し訳なさに押しつぶされそうになっていました。

 

 そしてとうとう「もう、辞めようかな…」と思うようになってしまったのです。

 

おわりに

 

 この後、私はなんとか立て直すことができました(その方法については別記事で書きます)。

 

 もちろん、私はもともとネガティブな思考に陥りやすいという性質があったため、自ら墓穴を掘った部分もあるでしょう。

 

 しかし私のようにネガティブな性質を持っていないにしても、新入職員の方々は新たな環境での出来事にあるていどナイーブになっているのではないでしょうか。

 

 なので、先輩職員の方にはぜひとも新入職員はこんなことで簡単に「辞めたい…」と思ってしまうんだということを肝に銘じて指導をしていただきたいです。

 

 もしよろしければご参考になさってください。

 

 

 

おススメの本

最近読んだマンガの中で一番おもしろかったです。

これから介護職は「英語」が必要になるかも

f:id:posesshion111:20190413155821p:plain

いらすとや 

はじめに

 

この記事は現在介護事業所で働いている職員、もしくはこれから介護職になろうかなと思っている方に向けて書いています。

 

さて、2019年度に外国人介護士の受け入れが拡大されます。これから介護現場に外国人の方が増えるかもしれません。

 

なので、英語でちょっとした会話ができるようになる必要があるかも。

 

しかし、この記事では違う理由でこれから介護職には英語が必要になることを説明します。

 

その理由とは、「科学的ケアをするには英語の文献も読む必要がでてくるから」というものです。

 

 

科学的なケアをするには英語論文も読む必要がある

 

そもそも「科学的なケア」とはなんでしょうか。

 

この記事では、「経験によらず、科学的な手法で効果が実証されたケア」と操作的に定義しておきましょう。

 

では、次に科学的なケアをするには英語論文を読む必要がある理由を説明しましょう。それは2つあります。

 

第一に、日本語文献のみだと最先端の研究を追えない可能性があるからです。

 

もちろん、日本語の文献だけでもどのような研究がなされているのかを知ることは可能です。

 

しかし一般的には、英語で書かれた論文の方が最新の研究を追うことができます。

 

これは大学でなぜ英語の文献を購読するのかを考えればよくわかるでしょう。

 

第二に、より効果のあるケアが可能になるかもしれないからです。

 

英語で書かれる論文はアメリカやイギリスのみの研究とは限りません。ヨーロッパやアジア、アフリカなどいろいろな国で行われた研究もしばしば英語で書かれます。

 

なので、私たちは英語の論文を読むことでいろいろな国のケアを知ることができるのです。

 

もちろん、他国のケアが日本で行われているケアよりも必ず効果があるというわけではありません。

 

しかし、日本のケアで疑問がある場合は、他国のケアを参考にすることでより効果のあるケアをすることができるでしょう。

 

おわりに

 

今回はこれから介護職は「英語」が必要になるかもしれない理由を、外国人介護士の増加という点ではなく、科学的なケアをするためという点で説明しました。

 

いかがでしたでしょうか。もしよろしければご参考になさってください。

 

参考Web

 *1 みんなの介護「第576回 介護分野に5年間で6万人の外国人労働者を受け入れる見込み!「求める日本語能力」に介護現場と介ホ協で温度差が・・・」(参照URL:https://www.minnanokaigo.com/news/kaigogaku/no576/)

 

 

おススメの本

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

よくばり英作文
価格:1404円(税込、送料別) (2019/4/13時点)

楽天で購入

 

私はこれをAnkiというアプリに入れて、何回も復唱しています。