介護とか経済とか(雑記版)

意識が低い介護士が介護現場や介護に関する意見を書いていくブログです。

どんな職業でも言えるかもしれないけど、業務を円滑に遂行するうえで資格の有無ってそんなに関係ないですよね

 

はじめに

 8月のくそ暑かった出勤日に「今日、なんか業務スピード遅くない?」と思うことがありました。その原因をつぶさに調査していたところ、ある職員によって全体の業務スピードを遅れていたことが判明しました。しかもその職員は介護福祉士の資格をもっていたのです。ちなみに、その職員が出勤していない日は「仕事がうまく進んでいるなあ」と思うことが多々ありました。そこで、介護業務をこなすうえで資格の有無ってほとんど関係ないんじゃないかと思ったのです。

 

 というわけで今回は介護業務を円滑にこなすうえで、介護福祉士の資格の有無はさほど関係ないのではないかということを説明します。

 

 方法としては、先述したある職員(以下Aさんとする)を事例として扱います。

 

業務を円滑に遂行するうえで資格の有無はそんなに関係ない

介護福祉士の資格をもっていても仕事が遅いAさんの話

 はじめにでも記述したように、Aさんは全体の業務スピードを遅らせているわけなんですけど、具体的にどのように遅らせているかをここでは記しましょう。

 

 たとえば、利用者Bさんの就寝介助での話です。多くの職員はBさんの就寝介助を15分以内に終わらせることができるのですが、職員Aさんは20分以上費やしてしまいます。就寝介助と言っても、口腔ケア、排泄介助、更衣介助の三つなのですが、Aさんはそれら3つをこなすのに他の職員よりも時間を費やします。

 

 しかも、他の職員よりも特段丁寧というわけでもないのです。口腔内に残滓が残っていたり、パットの位置がずれていたりしているのです。

業務を遂行するうえで資格の有無はそんなに関係ない

 Aさんの事例をみてみると、介護福祉士の資格をもっていても仕事を円滑にこなすことができることは必ずしも担保されていないようです。もちろん、介護福祉士の資格をAさんには保持しているので、介護知識に関しては介護福祉士をもっていない職員よりもあるのかもしれません。

 

 しかし、いざ介護業務をこなすということになると、Aさんは円滑に仕事をこなすことができません。ということは、n=1なので普遍化は困難なのは重々承知ですが、資格の有無と円滑な業務遂行にはそんなに関連性がないのかもしれません。

おわりに

 今回は、介護福祉士の資格をもっているにもかかわらず、介護業務を円滑にこなすことができないことをAさんの事例を使用して説明しました。

 

 もちろん、介護福祉士の資格をもっているに越したことはないのかもしれません。しかし、資格の保持が円滑な仕事の遂行とかならず関連していないということは頭の片隅にとどめておいた方がいいかもしれませんね。

 

 それでは。

 

後付け

 ちなみに介護福祉士の資格をもっていると業務手当がつく事業所が多いです。なので、手当ほしさに資格をとるのも一つの手でしょう。今回はそんな方に以下のサイトをご紹介します。

 その名もかいご畑です。かいご畑の目を見張るところはなんといっても「働きながら0円で介護資格をとれる」ところでしょう。

 もし、「資格はとりたいけど、会社から手当でないしなあ」とお悩みの方、一度利用してはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

「余裕がないから介護職は勉強しない」のは本当か?

 

はじめに

 この記事では、多くの介護職は金銭的余裕が生じても、介護関連の勉強をすくなくとも今以上にはしない理由を説明します。

 

 この記事を書くきっかけは、先日Twitterで「介護職は金銭的な余裕がない(つまり、賃金が低い)から勉強をしない」という言説をみて、「それ違うんじゃね?すくなくとも、介護職を擁護し過ぎなのではないかなぁ」と思ったからです。

 

 で、結論から言うと、理由は以下の2つあります。

  • もともと勉強があまり得意じゃない
  • パートタイマーが多い

 

 なお、あらかじめ指摘しておきますけど、介護職のなかでもめちゃくちゃ勉強している方はいます。この記事はあくまで私の視界範囲に存在する介護職を対象にしています。この点はご了承ください。

 

介護職の多くは賃金が増えても、おそらくさほど勉強しないと思う

もともと勉強があまり得意じゃない

 理由の第一は、「もともと勉強が好きじゃない」というものです。よくよく考えると勉強が得意ならわざわざ介護職になっていないと思うんですよね。だって、他の職業に就いた方が賃金高いですし。

 

 まあ、もの好きな方もいるかもしれませんが、それはごく少数でしょう。わざわざ目の前に底なし沼があるのに、そこを通る人ってほぼほぼいないですもね。

パートタイマーが多い

 理由の第二は、「パートタイマーが多い」というものです。これは介護を専業としてないため、介護関連の勉強をする誘因がほとんど生じないことに起因しています。つまり、パートタイムの仕事で勉強する必要性が生じにくいということです。

 

 これは学生時代アルバイトをしたことがある方ならわかっていただけると思うのですけど、アルバイトの仕事に関連する勉強ってしたことありますか?おそらく、多くの方がないのではないでしょうか。まあ、レジ打ちの勉強って何をしたらいいのか分からないってこともありますけどね。

おわりに

 今回は介護職の多くは金銭的余裕が生じても、勉強をしないと思う理由を以下の2つ説明しました。

  • もともと勉強があまり得意じゃない
  • パートタイマーが多い

 介護職のなかにももちろんかなり勉強されている方も多少はいます。しかし、周りを振り返ると「勉強してんな~この人」と思える方ってほとんどいないのではないでしょうか。

 

 今回はこのへんで終わりにします。それでは。

 

期離職する上司の共通点が見つかったかも、というお話

 

はじめに

 この記事では、介護現場において、早期離職してしまう上司の共通点を3つご紹介します。

 

 私は今まで約1年半介護職として働いてきたのですけど、その期間で上司が複数名離職しているんですね。それで、辞めていく上司になんか共通点みたいのはないのかなあ~と観察していたんですよ。

 

 で、観察していたら発見できたんですね。その共通点を。ってなわけで、この記事を書こうを思ったわけなのです。

 

 なお、はじめにことわっておきますけど、介護業界の管理職というのは激務であることが多いです。そういった環境的な要因が離職につながっていることも多々考えられます。しかし、観察をしているうちに、環境的要因だけではどうしても説明ができないことに気付いたのです。

 

 ってなわけで以下で、早期離職しやすい上司の共通点を紹介します。結論からいえば、その共通点は

  • 理想が高いものの能力がない
  • 仕事が遅い
  • 頭が悪い

といった3つ挙げられます。

 

離職しやすい上司の共通点

1.理想が高いものの能力がない

 まず、第一の理由は「理想が高い」というものです。まあ、意識高い系であると言いかえることができると思います。たとえば、「介護業界を良くしたい!」とか「職場をよりよいものにしたい!」とぬけぬけと宣言するわけです。私のような白い目をしている部下に。

 

 しかし、そういった理想主義的上司はその理想をかなえるための能力が不足しています。

 

 たとえば、1年前に3カ月程度で辞めてしまった上司は「利用者の自己実現をかなえたい!」と声高に語っていました。しかし、その上司は口だけで仕事をまったくしなかったので、部下から「なんだよあいつ…」と陰口をたたかれていました。

2.仕事が遅い

 第二の理由が、「仕事が遅い」というものです。現場の業務しかり、管理職の業務しかり、どちらもとにかく遅いんです。しかも、パソコンがまともに使えないという三重苦。

 

 先月辞めた上司はまさに上記の通りで、仕事が遅く、またパソコンもろくに使えませんでした。それで部下から、「あいつなんで管理職やってんの?」といわれる始末でした。もちろん、本人がいないときにですけど。

3.頭が悪い

 最後の理由が、「頭が悪い」ということです。2つ目の理由と若干重複するのですけど、とにかく業務を憶えられないんですよね。あと、論理的にものごとを捉えることもままなっていません。

 

 たとえば、新しい業務をしなければならなくなったとき、上司よりも部下の方がその業務内容を知っていて、結局はその部下が新しい業務の実質的な責任者になっていたということがありました。

 

おわりに

 今回は、早期離職しやすい上司の共通点を3つ紹介しました。その3つとは、

  • 理想が高いものの能力がない
  • 仕事が遅い
  • 頭が悪い

 といったものでした。

 

 もちろん、新しい上司を迎え入れる体制というものが現在の職場に構築されていないため、上司が離職してしまっている可能性も十分あります。しかし、それだけでは説明できない部分もあるのではないでしょうか。

 

 それでは。

「若いんだから大丈夫」と語る中年の一部ってひょっとすると病んでるんじゃないかしら、という話

 

はじめに

 この記事では、「若いんだから大丈夫」と語る中年の一部が精神的に病んでいるのではないかということを考察します。

 

 わざわざこのようなことを考察するにいたったのは、先日、夜勤明けの日に忘れ物をとりに職場に行った際、同僚の中年職員Aに「あれっ、夜勤だっけ?そうじゃないの?まあ、でも若いんだから大丈夫でしょ、明けの日に夜勤やっても」と語られ、その語りに私が多少のイラつきを覚えたからです。

 

 ってなわけで、以下では、その中年職員Aを事例として、「若いんだから大丈夫」と語る中年が、実は精神的に病んでいるのではないかということを説明していきます。

 

 結論から言えば、そのように語る中年が精神的に病んでいると思われる理由は2つあります。

  • 何かに依存し過ぎている
  • キレやすい

 では、以下で詳細を記述します。

 

「若いんだから大丈夫」という中年が精神的に病んでいると思われる理由

何かに依存し過ぎている

 まず理由の一つとして、そのような中年は「何かに依存し過ぎている」ということがあります。中年職員Aが依存している者は買い物、そして友人です。

 

 買い物でいえば、給料が低いにもかかわらず、Amazonで面白そうなものがあれば、即購入してしまうといった感じです。この間は使いもしない、単に周囲の人から「それ面白いね」と言われるだけのフィギュアを購入していました。

 

 また友人に関しては、同僚の職員Bに対して職員Aの日常生活の不満や気に入らない職員の愚痴をペラペラと話しています。もちろん、職員Bは職員Aの話し相手をするために雇われているわけではないので、他に仕事があります。そういう状況を分かっていながら、AはBに話しかけるのです。

 

キレやすい

 理由の2つ目は、キレやすいということです。つまり、ちょっとした情緒不安定なんですよね。たとえば、ある一部の職員にだけなんですが、業務ミスをすると顔をタコのように真っ赤にさせてキレます。しかも、そのミスをした本人がいない前で。

 

 ただ、そのキレた直後に親しい同僚が近くにいると、何事もなかったようにAは楽しくぺちゃくちゃと話し始めるんですよね。その豹変ぶりときたら、あのかわいらしいクリオネが餌を捕食する際にグロテスクになるような感じです。

 

おわりに

 今回は何かにつけて若者に対して「若いんだから大丈夫」と語る中年の一部が精神的に病んでいるのではないかということを2つの理由をもとに考えてみました。その2つの理由は、

  • 何かに依存し過ぎている
  • キレやすい

 といったものでした。

 

 もちろん、今回は考察は事例が1つしかないので「若いんだから大丈夫」と語る中年の方すべてが精神的に病んでいるということを説明するには証拠が不足しているかもしません。この点に関しては、職場でもっと多くの中年の方を観察して事例数を増やしたいと思います。

 

 それでは。

 

犬猿の仲って結局のところ、似た者同士なんだなあと思った話

 

はじめに

 この記事では、私が現在働いている職場にいる、犬猿の仲と自他ともに認める職員Aと職員Bが実際は似た者同士であるということをつらつらと書き連ねることを目的としています。

 

 職員Aと職員Bが似た者同士であると証明するために、両者の類似点を指摘するという方法をとります。ただ、もちろん両者が完全に一致するということはないので、相違点も指摘します。

 

 結論からいうと、両者の類似点は、

  • どちらも感情的(キレやすい)
  • どちらも人に話しかけることで人の仕事を阻害している

 の2点です。

 

 では、以下で詳細に説明していきましょう。

 

犬猿の仲って結局似た者同士

 先ほども書いたように、職員Aと職員Bの類似点は、

  • どちらも感情的(キレやすい)
  • どちらも人に話しかけることで人の仕事を阻害している

 です。この両者を具体例を交えて説明しましょう。

 

どちらも感情的(キレやすい)

 何度も指摘しているように、両者はキレやすいんですけれど、どういった物事にキレやすいかという点でも似ているんですね。それは、「自分の思い通りにいかない時」もしくは「自分の欠点を指摘された時」なんですね。

 

 まあ、確かに誰しも自分の思い通りにいかないことや自分の欠点を指摘されたら、多少は落ち込んだり、イラっとすることはありますよね。でも、職員A・Bは違うんですよ。両者は顔を真っ赤にして反論(というか相手に口撃)するんです。たとえば、「A(もしくはB)さん、これできていませんでしたよ」と指摘するとやかんが沸騰したみたいに顔が真っ赤になり、「いや、できてました。何かの間違いじゃないですか」と逆ギレするわけです。

 

 なので、私を含めて他の職員は職員A・Bに仕事上のミスなどを指摘することが、ほとんどできないんですよね。「ああ、あの人またミスしてるよ…でも言うとタコみたいに顔を真っ赤にさせてキレるしなあ…」みたいな感じで、そういった仕事上のミスをふれずにいるんです。

 

どちらも人に話しかけることで人の仕事を阻害している

 まあ、仕事上のミスといっても両者は恒常的にミスをしているわけではないので、そこまで問題ではないわけです。ただ、2つめの類似点がちょっとヤバめなんですよ。それが、どちらも人に話しかけることで人の仕事を阻害しているということなんです。

 

 職員Aの場合は、勤務日ではない日にわざわざ職場に来て職員Cとぺちゃくちゃお話しをしているんですね。もちろん、職員Cは勤務日で仕事をするために出勤しているわけです。つまり、職員Cは職員Aの話し相手になってしまうことで、やるべき仕事ができずにいるわけなんです。

 

 一方職員Bの場合は、公休日に職場に来るということはありません。しかし、出勤した日は他の職員が「今日、Bさん来る日だよね…」と多少落ち込んでしまいます。というのも、Bは仕事をしている最中の職員に対して、業務に関係ないことをぺらぺらと話すからです。しかも、一言二言ではなくて、5分ぐらい続いてしまうんですよ。一度話すと。

 

 つまり、両者とも他の職員の業務を阻害しているんですよね。ただでさえ介護現場はくそ忙しいというのに。

 

おわりに

 今回は、職員Aと職員Bの類似点を紹介することで、犬猿の仲と思われていた二人が実際は似た者同士だったということをつらつら書き連ねてきました。

 で、両者の類似点は、

  • どちらも感情的というかキレやすい
  • どちらも人に話しかけることで人の仕事を阻害している

 といったものでした。今後、職員Aと職員Bの関係がどのような動きを見せるのか、また、それが職場にどのような悪影響を与えるのかを観察していきたいと思います。

 

 なお、皆さんの職場にも、自分と犬猿の仲の方がいませんか。もし、そんな職員がいて「もうこんな職場で働きたくないっ!」なんて思ったら、転職も視野に入れた方がいいかもしれません。

 

 転職には以下の2つのサイトがおすすめです。

 

1.かいご畑

 かいご畑の魅力はなんといっても資格の受講料が0円になる「キャリアアップ応援制度」。この制度を利用すれば、無料で国家資格を取得することができるかも。

 

2.介護のお仕事

 介護のお仕事の魅力は転職相談・入社後のフォローまで全部無料という点です。相談までならまだしも、入社後までフォローしてもらえるなんて心強いですよね!

 

ちなみに、転職する前に「本当に転職すべきか」を一度考える必要もあると思います。一時的な感情に身を任せると人生詰む可能性がありますからね。というわけで、以前に

 

posesshion111.hatenablog.com

 

という記事を書いたんでそれを参照していただければ。

 

それでは。

 

 

【転職】転職する前に確認しておきたい3つのチェックポイント

f:id:posesshion111:20190407151603p:plain

いらすとや

 

はじめに

 この記事では、介護職が転職をする前に確認しておきたい3つのチェックポイントを紹介します。「転職したいけど、どうしようかなあ…」と悩んでいる方は必見です。

 

 では、以下で転職するまえに確認しておきたい3つのチェックポイントを紹介していきます!

 

3つのチェックポイント

理想を追いすぎていないか

 3つのチェックポイントのうちの1つめは、「理想を追いすぎていないか」ということです。これは介護職に限定されないのですが、会社の理念と自分の理念が一致していなかったからという理由で会社を辞めてしまう方がいます。もちろん、会社が利益をむさぼるために悪質な商品やサービスを顧客に提供しているというならまだわかります。

 

 しかし、自分の理想とする仕事や介護と少しでもずれが生じていたからといって、仕事を辞めてしまうというのは考えものだと思います。というのも、転職しようと面接をするさいに、前職を離職した理由として「自分の理想と合わなかったから」と言ってしまうと、面接官から「この人、また自分の理想と合わないといってすぐ辞めてしまうのではないか」と思われてしまう可能性があるからです。

 

 そのように思われてしまっては面接に合格することは難しくなるでしょう。考えてもみてください、あなたが面接官で人材を獲得しようとしているときに、すぐ辞めそうな人を採用しますか?しませんよね。ふつうは。

 

自分の努力で解決できないか

 3つのチェックポイントのうち2つめは、「自分の努力で解決できないか」というものです。たとえば、とあることがきっかけで職場のお局に目をつけられてしまい、いじめにあってしまったというのは避けがたい事態です。自分が崩壊してしまう前に、その職場から離れることが必要でしょう。

 

 しかし、職場の人と円滑にコミュニケーションがとれないというのなら、自分の努力次第で改善が期待できます。なぜなら、自分の挨拶の仕方や会話への参加のしかたで職場の人とうまくコミュニケーションをとることができるかもしれないからです。

 

 このように自分で変化させることができることがらなら、まず自分が変わる必要があるでしょう。それでも状況が改善しないのなら、転職をすればいいのです。

 

一時的な感情で行動していないか

 3つのチェックポイントのうち最後の3つめが、「一時的な感情で行動していないか」というものです。これはたとえば、職場で上司に仕事のミスを指摘されたときに、「あぁ、もう自分はなんでこんなミスばっかりしているんだ…」と自分を追い詰めてしまい、最終的に「もうこの仕事辞めよう…向いていなかったんだ…」と一時的な感情の落ち込みで仕事を辞めてしまうといったことが考えれます。

 

 しかし、ミスは誰でもします。そして仕事を辞めたいと思うこともほとんど誰もが経験することでしょう。それなのに一時的な気分の落ち込みで仕事を辞めてしまうのはいかがなものでしょうか。

 

 また、ミスをし続ける人もそうはいません。10回に1回ぐらいは成功するでしょう。その1回を2回、3回と増やしていけばいいのです。

 

おわりに

 今回は今の職場を離職する前にチェックすべき3つのポイントを紹介しました。その3つは

 

  • 理想を追いすぎていないか
  • 自分の努力で解決できないか
  • 一時的な感情で行動していないか

 

 といったものでした。転職するかどうか迷った際はぜひ参考にしてください。

 

それでも転職をしたいのなら…

 なお、3つのチェックポイントにどれも当てはまらず、転職するしかないという方は以下の3つのサイトを利用してみるといいかもしれません。

 

1.かいご畑

 

 かいご畑の魅力はなんといっても資格の受講料が0円になる「キャリアアップ応援制度」。この制度を利用すれば、無料で国家資格を取得することができるかも。

 

2.介護のお仕事

 

 介護のお仕事の魅力は転職相談・入社後のフォローまで全部無料という点です。相談までならまだしも、入社後までフォローしてもらえるなんて心強いですよね!

 

20代男性介護職はどれくらいるのか?

 

はじめに

 この記事では、20代男性介護職がどれくらい働いているのかを公益財団法人介護労働安定センター『介護労働者の就業実態と就業意識調査結果報告書』(URL:http://www.kaigo-center.or.jp/report/pdf/2019_chousa_roudousha_chousahyou.pdf、最終アクセス:2019年9月1日)を参照しながら、記述します。

 

 というのものですね、介護業界に私と同年代の男性がどれくらいいるのかを調べたくなったからなんですね。

 

介護職として働いている20代男性ってどれくらいいるのか?

全体の傾向

 さて、さっそく20代男性の介護職がどれくらいいるのかをみていきたいわけですが、その前に男性介護職の全体の傾向を探りましょう。

 

 介護業界で働いている男性で最も多いのは、5歳刻みでは、35歳以上40歳未満なんですね。その数なんと18.3%。また、次に多いのが30歳以上35歳未満で、17.1%となっています。

 

 私としてはこの結果は意外でした。自分で言うのもなんですが、介護職ってもっと高齢層の方が多く就業しているのではないかと思っていたからです。

 

 実際、弊事業所も男性職員といえば40代と50代がほとんどですしね。

 

20代男性

 では、20代男性はどうなっているかというと、20歳以上25歳未満は10.2%、25歳以上30歳未満は17.1%となっています。

 

 つまり、男性介護職で最も多い30代(35.4%)よりも20代の男性介護職は、この調査では、8.1ポイント低いということが言えます。

 

 なので、介護事業所に勤務したら、多くは中高年齢層だけど、たまに20代のぴちぴちした男性介護士に会えるかもってことですね笑。

 

おわりに

 今回は介護労働安定センターの調査をもとに、20代の男性介護士がどれくらいいるのかを紹介しました。その結果、20代男性介護士は27.3%いることが判明しました。

 

 これから介護施設などに入所される方は、ほとんど20代の若い男性介護士に会うことはできないと思った方がいいかもしれませんね笑。

 

 それでは。